電気を発明した人はすごい人

適職というのは、読んで字のごとく自分に適した職業という意味になります。

自分なりに興味のあることや知識や現在持っている技術、例えばそうした技術については、ビジネスに関することであったり、スポーツや楽器を弾くことでもあるかもしれません。

しかも、適職というのは、一つだけでなくて、いくつもあるかもしれません。

上述したような自分なりに関心を持っていることや、現在持ちあわせている知識や経験、あるいはこれまでの履歴に基づいた能力などから、コンピューターで総合的な分析を行って、自分に適した職業というものを導き出せるようになっています。

従って働くことが嫌いとか、仕事はあまり好きではないとおっしゃっている方であっても、必ず適職というものはあるということが言えると思います。

ただし、誰もがそうした適職に巡り会えるとは限りません。

毎朝、満員電車にゆられながら厳しい表情で仕事に出かけている多くの方々の中には、決して今の仕事を適職と思って仕事をしている人は少ないかもしれませんね。

やはり多くの方々が、生活のために毎日必死に仕事をしているといったケースが多いのではないでしょうか。

そう言う私も、その中の一人として確実に数えられるでしょうね。

一方で、天職というものがあります。

この天職というのは、適職のように何通りもあるというものではありません。

この世にたった一つしかないという尊いものでもあります。

しかも、その天職にはそう簡単には巡り会うことさえできないようになっています。

悪戦苦闘をした挙句、ようやく天職に巡り会えるというケースがほとんどです。

そうした天職については、「これぞこの人にとっては天職そのもの」と誰もが認めざるを得ない例を挙げるとするならば、人類歴史に名を残した偉大な人物が挙げられるのではないでしょうか。

例えば、電気を発見した人は誰なのかは存じませんが、私はその人を大変尊敬をしています。

ちなみに、テスラはエジソンと交流電気と直流電気で競い合ったといったことを耳にしたことがあります。

電気というのは、目には見えにくいですが、確実に存在するものです。

もちろん、雷のように高圧電流にもなると、目にも見えるようになるのかもしれませんが、100ボルトや200ボルトくらいでは見えないでしょうね。

目に見えるものを発見することは可能性としてあり得ることですが、目に見えないものについては、存在自体を認識しずらいものでもあるので、そうしたまさに幽霊のような存在物を発見できるということはすごいことのように思えてならないのです。

まさに、そうした発見者というのは、発見することが天職と言えるのではないでしょうか。

 

深層心理を調べてみたい → 無料適職診断をうける ←

 

 

 

人を育てるためのサポート技術・・・コーチング

コーチングという言葉は、スポーツの世界から生まれた言葉であると言われています。

具体的には、本人の可能性を見出して引き出してあげたり、あるいはやる気を引き出したりしてあげることで、本来持ちあわせているような能力をうまく高めていく技術のようなものになります。

そうしたコーチングと対象的なのが、教育やティーチングというものになります。

これについては、知識や技術を一方的に教えたり指導を行うことを言います。

つまりは、その名の通り学校の先生のような立場のことを言います。

さて、このコーチングというのは現在では、ビジネスの世界においてかなり広まっており、そうした立場の人を育成するセミナーもあるくらいです。

また、そのスタイルについても対面式で行うコーチングから、電話で応対をするようなコーチングもあります。

しかも、こうしたコーチングを大きく分けると、メンタル面でのコーチングと具体的なスキル面でのコーチングとに分かれます。

まずメンタルコーチングでは、コーチングを受ける側の立場の人の情報を整理してあげることで、様々な発想や気付きができるように仕向けてあげる技術のようなものになります。

従って、具体的なスキルや経験がなくてもメンタルコーチングは可能になるということが言えると思います。

一方、スキルコーチングという技術については、広く知られている所謂コーチのような立場の方になります。

具体的には、アイススケートのコーチがわかりやすい例ではないかと思います。

自分がコーチをしている選手が出て行く前には、肩を叩いてやる気を奮い立たせてあげたりしている場面をテレビの画面から拝見することがよくあります。

あるいは、具体的な技術面でのアドバイスやコーチを行っている場面も拝見することがあります。

もちろん、こうしたコーチングというのは、スポーツの世界だけでなく、企業やあらゆる組織においてビジネスコーチングなども広く行われています。

例えば、企業の管理職の立場の方やさらには、経営者の方などがコーチングの立場となって、部下や若い世代の方にコーチングを行ったり、あるいは外部のコーチングを行う方からコーチングを受けるという例もあります。

しかも、あくまでもコーチングを受ける相手を上から叩きつけるように叱ったり、自分の考えを押し付けるのではなく、あくまでも個人の自由な発想を尊重をして、考える力を育て上げることがポイントとなります。

そういう意味で、コーチングを手っ取り早く言うならば、人を育てるためのサポート技術と言うことができます。

 

自分を変えたいあなたへ・・・ → コーチングをうけてみませんか?

 

 

 

「これぞ天職」と言えるような境地の職業

適職と天職とは、お互いに意味については同じではないかこれまではと思っていましたが、実際に調べてみるとどうも違うようですね。

例えば、適職の方が自分に適した職業という意味に対して、天職は、天から授かった職業という意味のようです。

ただし、天からという表現は、ちょっと理解しにくい表現でもあります。

常識的な間隔を逸脱してしまっているようにも思えます。

まずは適職については、どのような方においてもその見解が同じようなのです。

例えで表現をすると、法律の勉強をして法律を用いた職業につくことは適職と表現することができます。

そのように、適職が最初から適した職業であるのに対して、天職の場合、苦労をしたり挫折をしたりとそうする中でたどり着く境地が天職と言うようです。

そう言う意味において、天職の場合にはすぐにはたどり着くことができず、何年も何十年も掛かってしまう場合もあると言えます。

あるいは、一生天職というものに巡りあうことすらできない場合もあるのかもしれません。

従って、天職を見つけることができたとい境地になるためには、それ相当の苦労や努力が必要であるということになります。

もっと別な表現をするならば、一般的に嫌だと思うような仕事であっても、その仕事が大好きで死ぬまで続けたいと思えるような境地に至ることができたら、まさしくその人にとっては天職と言えるでしょうね。

そういう天職というのは、生計を立てるための職業の域を超えた職業と言えるのかもしれませんね。

もちろん、そうした天職に相当するような職業というものを今論じている私でさえも、具体的にどのようなものが天職であるということを断言はできません。

ただし、人命救助などの仕事というのは、人から尊敬されるような仕事であり、また人から感謝をされるような仕事ですが、そうした仕事というのはその本人からすれば、「これぞ天職」といった境地になれるのかもしれませんね。

 

こころの休憩とりましょう → こころ現れるエピソード ←